不動産のプロが教える売却のコツ

不動産売却についての質問あるある
Q.1

どんな業者さんに頼めばいいの?

A.1

所有している不動産のエリアにある不動産屋さんの方が取引実績もあり、その中でもインターネット広告以外で新聞・チラシ等でも積極的に掲載している不動産屋さんが選ばれています。また、査定額は金額だけではなく、査定書の内容などがしっかりとした業者を選ぶのもポイントのひとつです。

Q.2

査定の時は、建物は実際に見てもらったほうがいいの?

A.2

室内・設備の状況は査定額に大きく影響します。内見をしない簡易査定もできますがより正確な査定を希望される場合は内見をさせていただいております。例えば、外壁や水回りをリフォームしているなど、状態が良い場合は「査定金額がプラス評価」になります。

Q.3

親から土地・建物を相続したけどどうすればいいの?

A.3

空き地・空き家は放置したままだと、不法投棄や空き巣・失火の危険により所有者はもとより近隣の方に迷惑がかかることもあります。活用や売却についてぜひご相談ください。

Q.4

売買仲介と買取りって何が違うの?

A.4

不動産売却は、大きく分けて「売買仲介」は「一般のお客様」、「買取」は「不動産業者」が買主になるため、買取の方が売却価格が相場よりも安くなりますが、売却までのスピードが速く現金化がしやすいメリットがあります。詳しくは弊社担当にお問い合わせください。

Q.5

査定額で売らなきゃいけないの?

A.5

そんなことはございません。あくまで査定額は不動産屋さんが算定した金額で目安となるものです。物件の所有者様のご意向も加味した上で、話し合いを重ねながら最終的な売出価格を決定いたします。

売却をするときのポイント

pont1キレイな状態に

土地・建物やマンションを売却する場合は出来るだけキレイな状態が望ましいです。 戸建やマンションも売却に向けて家財の処分やクリーニングを入れるだけで、内見をするお客様に好印象を与えます。建物解体が必要な場合は弊社提携業者にて見積り提案をしております。

pont2権利証(登記識別情報)の確認

売却する物件の所有者が誰なのか登記簿等を確認しておくことも大切です。共有の名義になっている場合、所有権移転手続きの際は名義人全員の申請手続きが必要な為、何人かで物件を共有名義で所有している場合は事前に相談しておくとよいでしょう。また、相続の場合は相続登記の手続きも必要となります。

pont3住宅のローン残債や修繕履歴も確認を

住宅ローン残債の有無の確認や戸建・マンションであれば建築図面やリフォーム・修繕履歴等もあるとお客様の物件探しの際に検討材料になります。土地の場合も今までの利用状況を伝える事により売渡しの際のトラブルを回避する手立てとなります。

弊社の強み
昭和58年創業の実績

盛岡エリアでトップの管理戸数を誇り、おかげさまで日々多くのお客様から相続相談や資産活用・売却のお手伝いをさせていただいております。盛岡で創業昭和58年からの取引実績や顧客のお客様からのご相談実績により、豊富な知識と親身な接客でお客様一人一人のニーズやご希望を受け止め、迅速かつ丁寧に対応いたします。

住宅ローンのお悩みもトータルサポート

ローンの残債やライフプランでお悩みのお客様にも、弊社のスタッフがご相談からご提案、解決に至るまでのサポートをご提供しております。

多様な販売活動

指定流通機関・インターネット広告をはじめ新聞・チラシへの掲載広告、定期的に開催しているオープンハウスや顧客の方への紹介、ご希望があれば訪問営業も行っております。

ただいま不動産買取を強化中!

  • 「買取」は弊社が直接お客様より不動産を買い取りいたします。
  • なるべく早く現金化したい、安全な取引をしたい、周囲に売却を知られたくない等、お客様のお悩みを弊社が解決いたします。 お気軽にお問い合わせください。

※不動産物件の条件によっては買い取りができない場合もございます。 ※査定で業務上知り得たお客様の個人情報は、許可なく漏洩・公開・利用することなく秘密厳守を徹底いたします。

査定の流れ 無料査定
お申込み・お問い合わせ